会社にバレない副業おすすめ5選!バレる原因・理由と対策を徹底解説!

この記事では、会社にバレないで副業をする方法を解説します。

副業禁止の会社で会社にバレてしまうと大変ですよね?

会社で副業しているのがバレると、あなたの評判を落とすことになるかもしれません。

最悪の場合は、減給や解雇なんてことになってしまう可能性もあるでしょう。

そうならないためには、副業がバレる原因と対処法を知っておく必要があります。

記事を最後まで読めば、原因が理解でき、会社にバレないように副業ができるようになります。

この記事を読んでわかること
会社にバレない副業おすすめ5選!バレる原因・理由と対策を徹底解説!

  • 会社にバレない副業の特徴
  • 会社にバレる原因
  • 会社にバレない副業
  • 会社にバレないようにするには?

会社にバレない副業をやりたい方は、ネットやスマホでできる副業がおすすめです。

リアルで副業をしていると、バッタリ友人・知人と出会ってしまい、そこからバレてしまう可能性があるからです。

というわけで、なるべくネットやスマホでできる副業を選択しましょう。

おすすめは「ビット」です。

ビットは、スマートフォン上で作業をするだけの副業ですので、リアルからバレる心配はありません。

しかも、作業量に応じて、どんどん報酬が増えていきますので、稼ぎたい方にもおすすめです。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から登録してみてくださいね。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

会社にバレない副業の特徴

会社にバレない副業の特徴

会社にバレにくい副業の特徴を解説します。

どうしても会社にバレたくない場合は、この章の特徴に当てはまる副業を選択してくださいね。

本名で活動しなくていい

本名で活動しなくてもいいような副業にしましょう。

単純に本名で活動していると、社内の人間にバレてしまう可能性があります。

例えば、Youtuberとして本名で活動していた場合。

なにげなく、同僚が検索でみつけてしまったらどうなりますか?

同僚が会社内で言いふらしてしまう可能性があり、そこからバレることになります。

言いふらすというと聞こえが悪いかもしれませんが、本人としては悪気もなく喋ってしまう時もあるのです。

そうならないように、本名で行う副業はなるべく避けましょう。

給与所得でない

副業がばれる原因は、おもに住民税の増加で判明します。

会社員の方であれば、会社が毎月住民税を支払っています。

特別徴収という形をとっており、給料から天引きされているはずです。

会社員の方であれば、会社の方であなたの収入をきっちり把握しており、住民税の金額も把握しています。

ただ、副業で収入が増えてしまうとどうなるでしょうか?

会社に住民税の通知がいった場合に、思いのほか住民税の金額が増えているとことに気づきます。

会社側からすると「おかしい?なぜ、住民税をこんなに支払わなければならないんだ?」不信に思うはずです。

その時点で副業として収入を得ていることがバレてしまいます。

というわけで、副業がバレてしまうのは、「給与所得」が原因です。

では、どうすればいいのか?

会社員の方は、みんな副業バレてしまうのでしょうか?

こちらの疑問については、後の項目で解説します。

ネット・スマホでできる

できれば、ネット・スマホのみでできる副業がおすすめです。

なぜなら、匿名で活動しやすいのと、社内の人間に出会う可能性が低くなるからです。

例えば、こっそりスーパーなんかでアルバイトをしていた場合、社内の人間が買いものに訪れてしまったら、すぐにバレてしまうでしょう。

また、ガールズバーなどで働いていた場合、何気に社内の人間が飲みに来た瞬間にバレます。

そうならないように、ネット・スマホで取り組める副業にしましょう。

おすすめは、スマートフォンがあれば簡単に始められる「ビット」です。

ビットは、スマートフォン上で作業をするたびに報酬が発生する副業です。

地道な作業が必要ですが、簡単にできて堅実に稼げます。

また、スマホだけで行うので、社内の人間に出会うことはありません。

会社にバレないように副業するなら、ビットがおすすめです。

会社にバレない副業おすすめ5選

会社にバレない副業おすすめ5選

会社にバレない副業を紹介します!

ただ、収入の増加には注意してくださいね!

ビット

ビット

ビットは、スマートフォンで作業をする副業です。

スマートフォンのみで副業できますので、会社にバレる心配はありません。

仕事内容も簡単。

送られてくる情報を指示通りに作業をしていくと、報酬が入る仕組みになっています。

スマートフォンの操作ができる人であれば、苦にならずにこなしていける内容となっています。

稼いでいる方は、月収100万円近く稼いでいるとか。

なぜ、こんなに稼げるかというと、ビットは隙間時間を活用できるからです。

隙間時間とは、通勤時の電車の中、休憩時間といった、ちょっとした空き時間です。

1日の隙間時間をみつけ、ビットに取り組んでいけば、月末には結構な作業をこなせるため、それだけ多くの報酬が入るようになります。

隙間時間じゃなくても、休日にびっしりビットに取り組んでもいいです。

時間を有効活用できればできるほど、かなりの金額を稼げるようになります。

興味を持った方は、公式サイト「オススメ副業を始める」から無料で登録できます。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

Everyday

Everyday

こちらもスマートフォンで稼げる副業です。

写真撮影をし、Everydayに送信するたびに報酬がもらえる内容となっています。

写真撮影が好きな方は、楽しみながら稼げるのでおすすめの副業です。

初期費用として9000円かかります。

ただ、稼げなかった場合は、全額返金保証付きです!

実質、リスクなくスタートできますので、写真撮影で稼ぎたい方は初めてみてはいかがでしょうか。

ネットショップ運営

BASE
売りたい商品がある方は、ネットショップを運営してみましょう。

自分でホームページを立ち上げて始めてもいいし、アマゾンや楽天などを利用して始めてもいいです。

当たれば、思わぬ金額を手にする可能性もあります。

ただ、1点だけ注意してほしいことがあります。

それは、「ネットショップ運営は代表者の氏名を載せなくてはならない」という点です。

氏名をネットで公開してしまうと、検索からバレてしまう可能性があります。

ポイントサイト

ポイントサイト

ポイントサイトは、案件などをこなすとポイントが貯まります。

貯めたポイントを現金などに交換し、稼ぐ方法です。

案件とは、「資料請求」「クレジットカード発行」といったものです。

クレジットカードの発行するだけで4000円もの金額を稼ぐことができます。

ただ、お小遣いサイトとも呼ばれているように、大きく稼げません。

ですので、住民税の通知でバレる心配もないでしょう。

本当に、お小遣い稼ぎをしたい方におすすめのサイトです。

クラウドソーシング

クラウドワークス

クラウドソーシングサービスは、仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングさせるサービスです。

ネットで仕事ができるうえ、匿名で仕事ができるので、バレにくい副業といえます。

ただ、収入の増加には要注意。

「住民税を普通徴収にする」といった工夫が必要です。

後の項目に対策方法を解説していますので、そちらを読んで対処しましょう。

会社に副業がバレる原因

会社に副業がバレる原因

会社に副業がバレてしまう原因について解説します。

住民税の金額でバレる

冒頭の「給与所得でない」でも解説しましたが、会社員の場合だと給与所得として、住民税が天引きされているからバレるのです。

住民税の通知が会社に行ったときに、収入と比較して住民税の金額が大きすぎると、バレてしまいます。

特商法の表記からバレる

ネットショップなどを運営する場合、「特定商取引法」を表記する必要があります。

「特定商取引法」とは、特定の取引において消費者が不利にならないように法律で定められているものです。

特商法を定める業態
  • 訪問販売
  • 通信販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

上記の業態は、特定商取引法を守らなければなりません。

ネットショップの運営は「通信販売」に当てはまり、事業者の氏名(名称)、住所、電話番号などを記載することになっています。

というわけで、ネットショップを運営すると責任者の名前は必須です。

副業としてやるのであれば、共同経営といった感じでほかの方の運営するようにしましょう。

リアル知人経由の噂でバレる

友達などに副業をしているのを話した場合、友達がうっかりあなたの社内の人間にしゃべってしまった場合、バレる可能性があります。

また、アルバイトを行い、店舗で同僚と会ったりしてしまったときにも、バレてしまう可能性があるでしょう。

とにかく、リアルの副業をしていると、どっからともなく噂により会社にバレる可能性が高まります。

バレないようにするには、下のサイトのビジネスのような、ネット・スマホの副業をやるようにしてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

会社に副業がバレないようにする方法

会社に副業がバレないようにする方法

会社に副業がバレないようにする方法をご紹介します。

住民税を普通徴収にする

もっとも会社員の方で副業がバレる原因は、「住民税の通知」によるものです。

会社員の方は、「特別徴収」といって会社が所得を計算し、毎月の給料から天引きするものとなっています。

というわけで、住民税の対策をしましょう。

対策するには、副業分の住民税の通知が会社にいかないようにします。

そのため、自分で副業の収入分を確定申告するようにしましょう。

確定申告の書類に「住民税の徴収方法の選択」という欄があり、「給与から差し引き」と「自分で納付」の2種類選択できます。

「自分で納付」を選択すると、住民税の通知が自宅を送られてくるようになります。

通知が会社に行かなければ、副業がバレることはありません。

「確定申告って自分でできるの?」

最初は馴れないと思いますが、わからないことは税務署で教われば誰でもできます。

どうしてもバレたくない場合は、必ず自分で確定申告をし、住民税を自分で支払うようにしてくださいね。

ちなみに、副業の収入がほとんどない場合は、会社にバレることはありません。

住民税が増えないからです。

代表者を家族・配偶者にする

「特商法の表記からバレる」の項目で解説しましたが、ネットショップを運営すると運営者の氏名を記載しなければなりません。

そのため、社内の人間があなたの名前を検索してしまった場合、ネットショップを運営しているのがバレます。

ほかの業態であっても、あなたの名前を表記してしまうと検索でバレてしまうのは確実です。

そうならないように、代表者を別の名前にしましょう。

できれば、家族・配偶者がベストです。

友人・知人だと、うっかり外部に漏らしてしまう可能性があります。

代表者を家族の名前にしておけば、検索からバレなくなります。

副業の話を家族以外にしない

副業がバレる原因として、友人・知人からのケースが多いです。

そのため、副業をしていることは、家族以外にしないようにしましょう。

【まとめ】会社にバレずにできる副業は?

【まとめ】会社にバレずにできる副業は?

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した副業は、比較的バレにくい副業です。

とくに「ビット」は、スマートフォン上で作業をするので、バレることはありません。

ただ、どんな副業も収入が増えると「住民税の通知」により、会社にバレます。

収入が増えた場合は、「住民税を普通徴収にする」といった方法をとりましょう。

そして、会社にバレにくく最も稼ぎやすい方法としては、下のサイトのビジネスを参考にしていただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です